[ パリ編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


エッフェル塔

エッフェル塔は、フランス革命100周年を記念し1889年開催されたパリ万国博覧会のために、高架橋技師「ギュスターヴ・エッフェル」によって建てられました。
当時301mだった高さは、テレビアンテナが設置された1957年には321mと更新されました。
シャイヨー宮からエッフェル塔を望む エッフェル塔とおやじっち
シャイヨー宮からエッフェル塔を望む

シャイヨー宮からのエッフェル塔の眺めは絶景といわれています。
エッフェル塔とおやじっち

噴水の美しいトロカデオ庭園から記念撮影(^-^)
エッフェル塔のふもとから 夜のエッフェル塔
エッフェル塔のふもとから

エッフェル塔のまん中にあるディスプレイに表示されているのは、2000年までのカウントダウンです。
夜のエッフェル塔

展望ロビーに着くまで大行列で2時間かかってしまい、見学しおわった時はすっかり夜でした。
凱旋門から見たシャンゼリゼ通り
第2展望ロビーからの眺め

エッフェル塔の東にひろがるシャン・ド・マルス公園。公園の東端に建つ建物は、陸軍仕官学校です。
この眺めにたどり着いたのは、並んでから1時間以上たった時でした。 さらに行列は続き、第3展望台へと...
凱旋門付近もよく見える コンコルドとルーブル美術館付近
凱旋門付近もよく見える

中央にあるのが凱旋門。放射状に道路が伸びている様子がよくわかります。
コンコルドとルーブル美術館付近

セーヌ川の対岸には、コンコルド広場とルーブル美術館、高速に回転する観覧車が見えます。 もっとも手前の橋はアレクサンドル3世橋。
夕暮れのシャイヨー宮 夜のエッフェルを真下から
夕暮れのシャイヨー宮

遠くから眺めたほうがより美しいシャイヨー宮。こちらは1937年のパリ万博で建てられました。
夜のエッフェルを真下から

幾何学的な美しさをもつエッフェル塔。ライトアップされた姿はさらに神秘的なものです。
【DATA】
所在地:地下鉄シャン・ド・マルス ツール・エッフェル駅からすぐ
開館時間:9:30-23:00(2時間待ち覚悟!)
(7、8月は24:00まで)無休
入館料:第1まで20フラン、第2まで42フラン(階段であがると12フラン)、第3まで57フラン(ぜひ第3まで行こう!)
← パリトップに戻る ルーブル美術館1 →

凱旋門→エッフェル塔→ルーブル1ルーブル2オルセーベルサイユ1ベルサイユ2ノートルダムオペラ座セーヌ川沿いパリ街並み

▲ページのトップへ戻る