[ ローマ編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


コロッセオ

コロッセオは、ヴェスパシアヌス帝が紀元72年に着工した円形競技場です。80年彼の息子ティトス帝により完成されました。
コロッセオ内部パノラマ
コロッセオ内部パノラマ

2階からは、地下から4階までコロッセオ全体を見渡すことができます。
5万人収容の競技場は、1階が大理石張り(石切り場としてはがされ、ほとんど残っていませんが...)の貴賓席、2階が庶民の木製席でした。3階は立ち見席。 剣闘士や猛獣、囚人を収容していた地下は、現在床がなくなっているので上から一望できます。
コロッセオ外観 コロッセオ入口
コロッセオ外観

楕円形のコロッセオは長辺187m、短辺155m。外周壁の高さは約50m。 大きすぎて、どう写してもファインダーに納まりません(^^;)
コロッセオ入口

混雑の耐えないコロッセオの入口。地下鉄の駅からぐるり半周したところになります。
1階通路 説明を聞く観光ツアー客
1階通路

各階に並ぶアーチはそれぞれ異なった様式で、1階はドーリア式、2階はイオニア式、3階はコリント式となっています。
説明を聞く観光ツアー客

壮大なコロッセオを目の前にして、説明を聞く観光ツアー客たち。
おやじっちとコロッセオ 白馬と警察
おやじっちとコロッセオ

2階から撮影。この競技場では300年以上もの間、剣闘士や猛獣による競技が行われていました。ほろり。
白馬と警察

ローマの観光名所に、必ずいる警察官たち。パトカー進入禁止だからか、景観を考えてか、白馬に乗って警備中。
ローマ祭の日のコロッセオ(昼) エスカルゴ?階段
凱旋門とコロッセオ

コロッセオの周りには、本や置物などを販売するおみやげ屋さんが多く、にぎやかです。
コンスタンティヌス帝の凱旋門

ローマ最大の凱旋門。315年に建てられ、高さ21m、幅25.7m。あいにく工事中だったので一部撮影(T_T)
【DATA】
所在地:地下鉄B線コロッセオ(Colosseo)から徒歩1分。
営業時間:9:00-19:00(水・日-13:00、冬季-15:00)
入場料:12,000リラ
← ローマトップに戻る トレビの泉 →

コロッセオ→トレビの泉サンピエトロフォロ・ロマーノ真実の口パンテオンナヴォーナ広場ヴェネチア広場スペイン広場共和国広場サン・ルイージ・ディ・フランチェージ教会アウグストゥス帝廟コロンナ広場ポポロ広場その他街並みポンペイ1ポンペイ2ナポリ

▲ページのトップへ戻る