[ レバノン編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


バールベック(ジュピター神殿・バッカス神殿)

バールベックの最大の見どころは、ジュピター神殿(ユピテル神殿)とバッカス神殿の2つの神殿です。その大きさに圧倒!
ジュピター神殿 ジュピター神殿の柱と長押
ジュピター神殿(ユピテル神殿)は、紀元60年頃に完成。現在は6本の柱が残るのみです。
高さは約20m。幅54m×奥行き90mあったとされ、パルテノンをしのぐ大規模なものでした。
(ジュピター=ローマ神話の天空神)
右側の大きな写真(121KB)。
ライオンの雨といその1 ライオンの雨といその2
バールベックといえば、ジュピター神殿の
長押にあったライオンの雨といが有名。
同じライオンの雨といなのに左と出来が
全然違う(^ー^;)ジュピター神殿がいかに
力を注がれていたかがうかがえます。
アルファベットの石版 バッカス神殿
フェニキア人の国らしく、アルファ
ベットの石板が転がっていました。
バッカス神殿は2世紀中頃に完成。
高さ28m、幅34m×奥行き69m。
地震に耐え、よく残りました。
大きな写真(118KB)
ジュピター神殿から、バッカス神殿へと行く道からのパノラマ。
バッカス神殿とイスラム要塞の跡 バッカス神殿前
バッカス神殿とイスラム要塞の跡。 大きな柱がゴロゴロと転がるバッカス神殿前。
(バッカス=ギリシア神話の酒の神)
植物のレリーフ バッカス神殿内陣パノラマ
柱の上部を飾っていた
植物のレリーフ。
バッカス神殿の内陣。
パノラマでないと3面入りません...。
内陣 壁に彫られた十字架
訪れる人はみな、その大きさに圧倒です。 下の面の中央に、十字架が彫られて
います。わかるでしょうか...?
キューピットの彫刻 ぶどうの彫刻
いきいきと描かれている
キューピットの彫刻。
バッカスの神殿らしく、
ワインの原料ぶどうの彫刻。
列柱廊の天井 彫刻アップ
列柱廊の天井を華やかに飾る神々の彫刻たち。神の周辺に施された繊細な細工も見事。
ローマからの弾圧による建設の中断で完成していない彫刻も多いといいますが、なかなか素晴らしいできばえです。
右の大きな写真(177KB)。
次はバールベック(ヴィーナス神殿と全景)
ぷろろーぐバールベック(その1)→バールベック(その2)→バールベック(その3)→アンジャルベイルート市内ベイルート郊外

▲ページのトップへ戻る