[ シリア編 ]

海外の風景

日本の風景

イベントショット

季節限定ものの風景や行事が大集合!

別館

カメラ仲間でもある相棒の部屋です(^^)


Twitter


作者紹介


メール


リンク集


パルミラ(早朝散歩)

驚いたことに、パルミラは世界遺産にも指定される貴重な遺跡でありながら、(ベル神殿など一部区域を除いて)いつでも入場自由。遺跡から徒歩圏にあるシャーム・パレス・ホテルに宿泊しているメリットを利用しない手はない!と、いつもなら絶対に無理の朝4:00起床を遂行し、まだ暗いうちに遺跡を目指して出発しました。冷たい強風の吹く中、太陽が昇る前に無事到着し、いよいよ貸切散策の始まりです。
■朝日とパルミラ遺跡
列柱の向こうから朝日がもれています。 シルエットのテトラピュロン。
とうとう日が差しました!
大きな写真(83KB)
遠くに小さく見える朝日で、
柱が一層大きく見えます。
散策しながら、刻々とあがってくる太陽を撮影。
同じ朝日を、ホテル近くの丘から(パルミラの方角から昇るのを)みたグループもあったようです。
(寒いですが、やっぱりパルミラでみる朝日がおすすめです!)
■早朝のパルミラ貸切
パルミラのベル神殿からアラブ城のある山までをつなげた長〜いパノラマ。
横幅がありすぎのこの画像は、やや大きな写真にて。
列柱は朝日に照らされ、
赤く染まっています。
大きな十字路にそびえる
テトラピュロン。
コリント式の華やかな列柱は、1km以上に渡って続きます。
日の光を待つようにそびえる記念門。 門の上部には、花や草などの
細かいレリーフが残っています。
ローマ劇場パノラマ。貸切です(右奥の人物は...相棒です)。
天界の主バールシャミンの神殿。
一見殺風景に見える眺めも、
不思議と魅力的に感じてしまう。
無造作に積まれた遺跡の間から、
白くかわいい花がのぞいていました。
墳墓の谷あたり。太陽の光が
当たるのを待っているようです。
地図にあった遺跡南の川は、
枯れ川で横断可能でした。
次はパルミラ(日中散歩)
ぷろろーぐパルミラ(その1)→パルミラ(その2)→パルミラ(その3)→パルミラ(その4)→パルミラ(その5)→ボスラ(劇場)ボスラ(街並み)ウマイヤドモスクアゼム宮殿スーク・ハミディーエシリア国立博物館聖アナニア教会と聖パウロ教会カシオン山マルーラ

▲ページのトップへ戻る